スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィッキー・チャオのマイドリームガール/炮製女朋友



STORY
上海のスラム街で育ったニン(趙薇)の元に大きな自動車工場を経営する社長チャン(呉耀漢)が突然表れる。 ニンはチャンが探していた生き別れた娘だった。 知性も教養もなく顔も服もボロボロだったニンをチャンは立派なお嬢様に仕上げる為、香港からスタイリストとしてジョー(鄭伊健)がやってくるが、実はジョーは詐欺師まがいの男だった。 小汚いニンを観て無理だと感じたジョー一旦仕事を断るが、ニンの強い説得で仕事を引き受ける。
 
REVIEW
もうね、『ヴィッキー~』というネームバリュー丸出しなのは仕方ないと思ってます、ハイ。 イーキン&ヴィッキーチャオ主演という事もあり期待して観たんですが、 ・・・不完全燃焼だったなぁ・・・。


ストーリーはベタでもいいんですが、コメディを見せたかったのか、ラブストーリーに持って行きたかったのかハッキリしないっつーか・・・ キャラも中途半端なんですよ・・・ ヴィッキー・チャオもどうせ薄汚い娘をするなら徹底的にやってくれ~っと思うほど。だって薄汚くしても中途半端に可愛く見えるから 。ギャップがないんだよね、汚くしても綺麗にしても突飛な格好しても・・・


なんか最近『クローサー』を観て良かったからか、どうしてもこのヴィッキー・チャオを観ると元気がない気がするんだよな~。


唯一観て笑ったのはニンの回想シーンで踊るイーキンの髪型だけだったし、 そのイーキンすら元気がない。 だって、社長の部下役で出ていたビンセント・コクと秘書役のリャン・ジンのほうが面白かったもん。


ラストに行くにつれウダウダ感がぬぐえない仕上がりで、そして「そんな急にハッピー・エンドかい!」っと無理がありすぎるオチ。 せっかく表情がいいヴィッキー・チャオの顔つきをもっと有効に使って欲しかったわい。


もっと主役の二人を弾けたキャラにしておけば何倍も面白い作品になれたのに・・・とちょっと感じてしまった。



2003年/香港 
監督- 葉偉民(イップ・ワイマン)
出演-鄭伊健(イーキン・チェン)/趙薇(ヴィッキー・チャオ)/呉耀漢(リチャード・ン)/谷徳昭(ヴィンセント・コク)/梁静(リャン・ジン)

Comments

扱いが・・・ 
rongziさん>

そうそう、ジャケットのイーキンの扱いが悲しすぎますた・・・。
内容は個人的にもうちょっと弾けて欲しかったですね

その通りです 
タイトルもそうなんだけど、ジャケットのイーキンが小さすぎで…思わず涙が出そうになりました。だけど、うちのダンナはヴィッキー好きなので、嬉しそうでしたよ。ヴィッキー可愛い♪の連呼で…あっそうでっか。

内容はもうちょっと脚本面白くならなかったかな?と確かに思いました。私的には、イーキンのさっぱりした髪と見事に壊れたイーキンを観れたので満足でしたけどね?。
Unknown 
サンタパパさん>

私も趙薇は好きですけど、何故、『ヴィッキー・チャオの?』なんてつけるんだぁーー!!っと思ってしまいましたよ。
でもそんな事よりも内容の方が微妙な気持ちになってしまいました。

私も個人的には『情人結』をDVD化して欲しいですね。
っと言うか好きな映画に日本版DVDが少なすぎて・・・
私の場合 
ご存知、趙薇のファンなのですが、「ヴィッキー・チャオの」とつけるほど知られているのか?と正直かなり疑問です(^^;。
で、私のようなファンは彼女が出ていれば、「わ??い!」と喜ぶので勝手にほっとけばいいのですが(^^;、正直普通に見た場合、内容も趙薇の扮装も微妙な映画でした(^^;。
これよりは『玉観音』とか『情人結』とか、もっと日本版にしてほしい映画はあるのになあ。わからん英語字幕に涙目になりながら画面の向こうの趙薇を見つめる私の気持ちにもなってほしいものです(笑)。

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。