スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒーロー・ネバー・ダイ/眞心英雄



STORY
反目しあう黒社会の二大組織。凄腕のジャック(レオン・ライ)は策略家のペイの配下に、そして腕利きの殺し屋チャウ(ラウ・チンワン)はチョイの配下で、お互いに敵のボスの命を狙っていた。
ところが二大組織の抗争でジャックとチャウは壮絶な銃撃戦の末、勝負がつかないまま力尽きる。それぞれの組織のボス、ペイとチョイはタイの麻薬王“将軍"の調停で協力関係に。
ジャックもチャウももはや用無しとなり、組織の魔手がのびる。
 
REVIEW
この作品の何がイイかというと、短時間の作品の中にある濃い内容。
奇妙な殺し屋2人の男の絆、女たちの強さ、悲しみ。
そして、あらゆる場面で痺れる演出。
カッコいいだけでは語れない“2人”の復讐にが泣けてしまう。

序盤の銃撃戦の演出、ジャックとチャウのバーでのコインで競い合うシーン。
そしてそこで残すワインボトルにこれから起こる事の予感が秘められて、この物語の面白さが際立ち、見ているうちに引き込まれてしまう。

そしてジャックとチャウ、それぞれが組織に裏切られた後の女たちの強さ、痛みがこれまた胸を締めつけてグッときてしまうんだよ。
チャウの女は両足の無くなったチャウのために戦い尽き果て、ジャックの女は命がけでジャックを守り、女として生きる力を失ってしまう。
だから、男たちが復讐に立ち上がる姿に感情がこみ上げてしまった。

そして最後の銃撃戦で"2人″で復讐するシーンに圧倒されてしまう。
時々バックで流れる“スキヤキ”の曲で泣かされてしまい、残ったワインボトルが切なくて、ここまで絆や愛、刹那を描いた作品は観たことがないほど。
これを傑作と言わずして何が傑作というのだろうと唸る一本。

1998年/香港
監督:杜琪峯(ジョニー・トー)
出演:黎明(レオン・ライ)/劉青雲(ラウ・チンワン)/梁藝齢(フィオナ・リヨン)/蒙嘉彗(ヨーヨー・モン)

Comments

傑作ですよね?!! 
zoecchiさん>

zoecchiさんがお気に召したようで嬉しいです。
ホントいい作品ですよね?。
何度も観てしまうし、何度観てもグッとくるものがありますよね。
最高傑作 
やっとこの映画のレビューをあげたのでTBさせてもらいに来ました。
Ayuのレビューがこの作品の的を得ていてすごいです。そのとおり!って感じでうんうんとうなずいてました。
主役の二人がクールでカッコ良くて素敵です。
ジョニー・トー監督作の『ザ・ミッション』と『暗戦』とこの作品の3本は最高傑作ですね。
SOFFYさん 
コメ&TBありがとうございます。

この映画の女たち、好きです。だから復讐のシーンが生かされたんじゃないかなぁなんて思っています。

特にチンワンの女に泣けてしまった・・・

こちらこそ私のブログもヨロシクお願いします。

ただ 
こちらでは初めまして♪

この映画のAyuさんのレビューにはただひたすら納得。
本当に女達も強いし、最後の「2人」の復讐は泣けました。

って事でこれにTBつけさしてもらいま?す!

これからもお邪魔するのでよろしくお願いします

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。