スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決戦・紫禁城/決戦紫禁之嶺




STORY 剣聖と呼ばれる皇族のイップ・クーシン/葉弧城(アンディ・ラウ)は自分の剣の腕を確かめるため、剣神と呼ばれているサイモン・チョイシー/西門吹雪(イーキン・チェン)と紫禁城での決戦を宣言。サイモンの親友で皇帝密使の009(ニック・チョン)は立会い人を務めることに。
決戦の話題が城下で話題になるなか、それに関係する謎の殺人事件が発生する。
009はその調査にあたり、サイモンが容疑者として浮上するが・・・

 
REVIEW
武侠作家、古龍の『陸小鳳傳奇』の三作目にあたる、『決戦前後』を映画化した作品。
宣伝ではアンディとイーキンの2大スター共演と謳っていたんですが、
当の本人達の出番は少なく、しかもカラミがあるのはラストの決闘シーンだけだったような・・・
そのかわりニック・チョンが話の軸の中心で動き回っているので、ストーリーは観やすい展開となっています。っというか、この人が主役の気がするんですが・・・
おいしいところを持っていったという意味でも。


アンディとイーキンがストイックな感じなので、真面目な内容だと思っていたら、コメディな要素が多く、ちょい下品な要素もあり。
コメディ的な要素はニック・チョンとヒロインで皇帝の妹役演じたビッキー・チャオが引っ張ってくれますた。
この二人がいなかったら、つまらない作品になっていたかも・・・と思うほど二人の掛け合いが面白かった。

でも、ヴィッキー・チャオがアンディに恋心を抱いているのですが、アンディのカラミより、ニック・チョンとの掛け合いやカラミが多かったので、ニック・チョンに後から惚れる展開かな?なんて思っていたら、
そのままアンディとくっついてしまい、そんなにニック・チョンとのカラミは必要だったんかいなと思ってしまった。そこらへんのアンバランスさがどうもねぇ。

でもこの、アンディとヴィッキー・チャオのラストはホロっとくるものがあって、結果的にはよかった気もする。
パンチが弱い気もする作品ですが、まぁ個人的にストーリーも展開もそんなに悪くはないし、皇帝役にパトリック・タムも出ていて、わし的には大満足。

ストイックな剣豪を演じたイーキン&アンディですが、個人的にはやっぱ、009を演じたニック・チョンが一番いい男だった気がする。


2000年
監督:劉偉強(アンドリュー・ラウ)
出演:劉徳華(アンディ・ラウ)/鄭伊健(イーキン・チェン)/張家輝(ニック・チョン)/趙薇(ヴィッキー・チャオ)/楊恭如(クリスティ・ヤン)/譚耀文(パトリック・タム)

Comments

お久しぶりです! 
zoecchiさん>

私的にはニック・チョンはコミカルなイメージが強い人です。だから、「黒社会」とか「ブレーキング・ニュース」とかのイメージが湧かないですねぇ・・・

>私的にはアンディさんとヴィッキーが年が離れすぎなんじゃぁって思ったんですけど、どうなんでしょう?
との事ですが、確かに・・・アンディは歳の割に若いんですけど、ヴィッキー・チャオが童顔で、役柄も元気な役だったので違和感ありましたね?。でも、アンディ素敵だったわ?。

zoecchiさんと確かに観たい作品が被っているかも知れないですね(笑)
私の場合は、その時その時で観たい作品に波があるんですよ?。今は黒社会ものが多いですが、一時期は古装片ものばっかり観ていましたよ。でっ久々にCSで懐かしいのがやると、「やっぱ、イイわ?」ってカンジでレビューしたりしています。

「ヒーロー・ネバー・ダイ」を購入したそうですが、マジおすすめですよ!もうね、グッときますよ。ぜひぜひzoecchiさんのブログでも取り上げてください!
お久しぶりで?す。 
この映画を観た後「ゴットギャンブラー」の新シリーズを3本観まして、ニック・チョンのイメージがずいぶん変わりました。こういうちょっと軽い役が合う役者さんですよね。
新作の「黒社会」では渋い演技をしているという話を聞いたので楽しみです。

私的にはアンディさんとヴィッキーが年が離れすぎなんじゃぁって思ったんですけど、どうなんでしょう?
こういう悪役っぽいアンディさんも素敵でした

そう、いつも思うんですがAyuさんが観ている映画が私が観たいものと被るんですよね。
これもそうですが「暗戦」やレスリーの「流星」とか。以心伝心でしょうか
実は「ヒーロー・ネバー・ダイ」もついに購入してしまいました。まだ観てませんがとても楽しみです?。

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。