スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗黒街 若き英雄伝説/馬永貞



STORY
19世紀末。マー・ウィンジン(金城武)は、兄タイジュン(元華)と共に仕事を求め上海へ行く。そこで暗黒街のボス、タン(元彪)の目にとまり、二人は兄弟分に。
タンが経営するクラブ“スプリング”へ向かったウィンジンはそこで、歌手をしているキム(宣 萱)と出会う。またそこで、タンと対立しているヤン(元徳)の存在も知る。
数日後キムとの待ち合わせをしていたウィンジンは外国人から奪った服がもとでタイジュンと共に警察に捕まってしまう。そこで、ヤンが警察との繋がってタンを狙っている事に気づいたウィンジンはタンの救出へ向かい事なきを得る。が、キムの元へ行く事が出来なくなる。
抗争が激化する中、タンはウィンジンに組織を任せ上海を離れ、ウィンジンはタンの過去の女で“スプリング”の女主人ヤム(周嘉麗 )と婚約し徐々に頭角を表すが・・・
 
REVIEW
若くして暗黒街のボスとなった馬永貞の実話を元に作った作品。
監督がユン・ケイということで期待して観れますた。なかなか面白かったです。
アクションも堪能できるし、コメディ的な要素もあって笑えるしで、総合的にはよかったっす。ストーリーも退屈しない出来だった。

あまり、金城武の出演ものって観た事無かったんですが、意外とアクションできる人ですた。しかも表情の変化も上手い。

ツッコミどころとして金城武が敵にメッタ打ちされた時は「死んだ?」っと思うほど。あまりのヤラレっぷりに無理を感じた(つーかあんだけヤラレたら死ぬって!!)
特に金城武が救い出されてから、ユン・ワーたちが復讐させないためにウソをつくシーンが大爆笑。一番の笑いどころだったわい。
なんか笑いのシーンとシリアスなシーンにギャップがありすぎて、途中「あれ、コメディだっけ?」っと勘違いしそうな作品だった。

でもラストに近づくにつれヴァレリー・チョウが演じたユン・ピョウの元カノ・ヤムが悪い女なんだけど、後半から悲しすぎる女で切ない。それがラストに生かされていた。個人的には清廉潔白なキムより、このヤムみたいにやり方はまずいし性悪だけど一人の男に命を懸けられる女が好きだなぁ

そしてなんといってもラストのユン・ピョウがかっこよくてイイわ、コレ。
銃撃シーンもいいし、アクションがもう申し分なし。この人がいたから、引き締まったラストだった。

1997年
監督:元奎(コリー・ユエン/ユン・ケイ)
脚本:技安(ジー・アン)
出演:金城武/元彪(ユン・ピョウ)/元徳(ユエン・タク)/宣萱(ジェシカ・ヘスター)/周嘉麗(ヴァレリー・チョウ)/元華(ユン・ワー)

Comments

あの途中のコントは 
ざんさん>

ホント一体、何だったんでしょうか?しかもなんで先生やねん!ってツッコんでしまいました。でも、あのコント調な作りも結構好きでした、構成的には破綻してますけど(笑)
元華!!よかったです。なんか、ストーリー的に一人は必要なキャラで個人的には好きですよ?。

私はこの元彪もの凄く好きです。何か大人で素敵!!足技も健在ですしね?!!
タン兄貴! 
元彪めちゃめちゃカッコイイですよね
元華は一切アクションなしでとにかくあの髪型に笑わされました。
途中のコントは一体なんだったのだろうか^^;
いきなり元彪が先生になってるからビックリしましたよ。

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Ayu

Author:Ayu
香港、台湾、中国、中華圏の映画鑑賞ブログ
本拠地HP HK CINEMA RABBIT
雑記ブログ features_75file もどうぞ、よろしく

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。